時短勤務や、子供の休み合わせて休みが取りやすい職場選び

主婦の仕事探し子育て中でも働ける会社を探すには?

子育てしながら働くママを応援します。働くためのポイントを掲載いています。

主婦の仕事子育て中でも仕事をするには?


主婦の仕事…現在は主婦もあたり前のように仕事をしています。一昔前は多くの女性が憧れる専業主婦ですが、しかし、専業主婦に向いている人と向いていない人がいます。0-14
掃除や洗濯、食事作りは毎日同じことの繰り返しです。家事そのものが好きで、やりがいを感じられる主婦はいいのですが、そうでない場合は、毎日繰り返す同じ作業に飽きてしまいます。

 

男性から見れば、主婦が家にいて一日中なにをやっているのだろうと思ってしまうかもしれませんし、家事はやってもやらなくてもそれほど目につかないこともあり、毎日根気強く家事を続けている主婦の苦労は、なかなか家族にも伝わりにくいものです。

家事の苦労を夫や子供たちにわかってもらえない不満や淋しさも出てきます。

そして、ひとりでコツコツと何かをするのが好きな人もいれば、大勢のなかでにぎやかに楽しくしていないと満足しない人もいます。
人間はないものねだりの面もありますから、専業主婦の人は、主婦 仕事を続けている人をうらやましく思い、主婦 仕事の両立で大変な思いをしている人は、専業主婦をうらやましく思います

 

専業主婦が向いている人、いない人をまとめると、専業主婦に向いている人の傾向としては、一人でいることが好きな人や、予定がなくても苦痛に感じない人、趣味がたくさんあり、やりたいことに困らない人、そして、何といっても家事が好きな人、というのがあげられます。

また、専業主婦に向いていない人には、人とかかわっていることが好きな人、メリハリのある生活でなければ満足しない人、自由に使えるお小遣いがほしい人、そして、社会と繋がっていたい人などがあげられています。

専業主婦と、主婦 仕事を続けることのどちらが自分にふさわしいのか迷った時、上記のことを参考にしていただけたら幸いです。

 

↓↓主婦の為の求人サイトはこちら↓↓

 

バイトル

バイト探しなら ユーザー満足度No.1

≪バイトル人気アルバイト≫TOP3

1位  時給1,200円以上のアルバイト
2位  短期、1日のみOKのアルバイト
3位  日払いOKのアルバイト

 

 

  ↓詳しくはこちら↓

http://www.baitoru.com/

シフトワークス

地域ナンバー1の時給を設定

『3時間×週3』
『主婦・主夫歓迎』
『WワークOK』

『1日4時間以下』

『早朝・深夜』

 

 

 ↓詳しくはこちら↓

http://sftworks.jp/

シェア率No.1!日本最大級のアウトレット実績!
アウトレット求人に強い

地域ナンバー1の時給を設定。
どの派遣先も一律して時給をロック!
  
派遣先が変わる際も好きなショップを選択できる!

 

安心のバックアップ体制で
皆様を全力サポートさせて頂きます♪

 

 

   ↓詳しくはこちら↓

https://www.staff-b.com/

 男性の収入だけでは間に合わない?

現代の男性の年収だけでは専業主婦を続けることが難しくなっています。それどころか、自分の生活さえままならず親と同居している男性が増えています。
多くの男性がそんな状況ですから、専業主婦を望んでも主婦 仕事を続けている人が多くなっています。また、専業主婦をやっていても時間を持て余して不満を持っている主婦も多いです。
大変な主婦 仕事の両立ですが、両立させやすい仕事や職場を選ぶのも一つ方法です

 

勤務時間が短い職場や、子供休み合わせて休みが取りやすい職場を選ぶのもおススメです。

子供に合わせて休みが取りやすい職場には、学校の給食とか、保健師の資格があれば、学校の保健室などです。そのような職場数が少ないので探すのが大変ですが、ハローワークや、求人サイトで探してみてください。

ハローワークは、専用のパソコンで自分で探すようになっていますが、ちょっと不便さを使いにくさを感じることが多く、ネットで自宅でハローワークの公式サイトから探したほうが楽という人も多いです。0-13
一番探しやすいのは求人サイトです。自分の希望条件を記入しながら進んでいきますから探しやすく、また、たくさんの求人サイトがありますから、そのなかにはきっと希望の条件に合うものがあるでしょう。
また、子育て中の主婦が子供の休みに合わせてやすめるように、その期間学生のアルバイトを使うという配慮をする職場も増えているといいます。
現代は情報化社会と言われていますが、主婦 仕事を続けやすい職場を探すにも情報がものを

いうようです。諦めずに探すことをおススメします。

 

 

 家事の負担が大きい共働き主婦

主婦 仕事の共働き主婦の一番大きなデメリットは、主婦の家事労働の負担が大きいことだと言えます。
電化されたことで、昔よりは家事労働が軽減されたといっても、掃除、洗濯、食事作り、子育てに、家族の健康を気遣ったり、主婦の仕事は山のようにあります。

 

そして、男性のも昔の男性から比べたら、ほんとうによく家事を手伝ってくれているようです。しかし、子育てには母親でなければダメな部分が多く、男性が少々手伝った程度では主婦の大変さはカバーできないことが多いようです

しかし、仕事そのもので疲れた体で、帰宅してから行う家事は、大変なことが想像されます。
しかし、昔の家制度では男性の地位が高く、女性の権利も人権も認められていませんでしたから、女性がどんなに忙しくても、時には具合が悪くても男性が家事を手伝うと習慣がありませんでした。0-56

 

「男子厨房に入るべからず」ともいわれて、男性が家事を手伝うのは恥とされた時代が長く続いていました。

今のように普通に男性が家事を手伝うようになったのも、僅30年ほど前からです。その頃は家事を手伝う男性と、手伝わない男性が半々ぐらいの割合で、家事を手伝ってくれる知人家庭の男性を羨ましく思ったものでした。

時代が変わって、夫も家事労働を手伝うようになったとはいえ、長い時代の風習が尾を引いている傾向があり、男性が家事をやらない男性は多く、7人に1人の割合で手伝わないのが日本の男性だといいます。

231068ただ、7人に1人は手伝わないとされる夫ですが、働き蜂とも呼ばれる日本のサラーリンマンなので、手伝いたくても手伝う時間さえないケースも考えられます。
家事労働はどうしても女性の方が得意とはいえ、共働き夫婦の場合の妻の負担の大きさが浮き彫りになっています。

 

 

 共働きママのお仕事探し

現代は多くのママが主婦 仕事を続けています。驚いたことに子供が2歳という幼い年齢での共働きママが半数いる状況です。
昔はお祖父ちゃんやお祖母ちゃんと同居していることが多く、子供の急な病気でも安心して(時には皮肉を言うお姑さんもいましたが)預けることができましたが、今は預ける人もいないケースが多いです。
家事、子育て、仕事の3つを頑張っている働くママには頭が下がります。その大変さを少しでもカバーするのが、共働きのママが勤めやすい職場探しです0-41

 

現在は働くママにおススメの職場を紹介してくれる、求人サイトも多数あります。自宅で空いた時間を利用して検索できますのでおススメです。たくさんの情報のなかには、きっと自分にふさわしい職場も見つかることでしょう。

また、

求人サイトに登録しておくと、メールで情報が送られてくる求人サイトも多いので、登録しておくのもおススメです。

日本の働くママの環境は厳しくて、さらに比較的日本の働くママは家事にも完璧を求めがちで、世界一睡眠時間が短いのが日本の働くママだそうです。不名誉な世界一ですが、いつ病気になってもおかしくないような働き方は止めましょう。251768

共働きママのお仕事探しには、まずは残業のない職場が、あるいは初めから短時間勤務の職場がおすすめです。そして、パートでも育児休暇が取れるかどうかも確かめておきましょう。
パートでも育児休暇が取れるのはありがたいし、そのような職場は職場環境が良好なところが多いです。
まずは、求人サイトでたくさんの職場の情報を得てください。

 

 

結婚が「永久就職」などと呼ばれた時代は終わり、専業主婦では食べていけない時代になっています。また、家事も簡素化されて専業主婦の意味も薄れています。しかし、専業主婦で幸せな母親を見て育った若い女性には「専業主婦願望」が強いとの厚生労働省の調査結果でも出ています。ところが、若い女性が専業主婦を望んでも、現代の若い男性の年収が大幅に下がった今は専業主婦を望む方が無理なので、専業主婦の姿を見て育った若い女性も考え方を変える必要があるようです。婚約をした男女が、女性が仕事を続けるか辞めるかということで揉めることも多いようです。
しかし、結婚した女性が働かなくても生活が維持できるだけの収入がある男性はほんの一握りだけです。それどころか、自分一人の生活さえままならずに親と同居している男性も多いのが現実です。若い女性の3人に1人が専業主婦になることを望んでいるようですが、それは無理ということを知らなければ、理想と現実の狭間で悩んでしまいます。理想を言えば、昔のように男性が外に出て働き、女性が家を守ることです。ましてや、母親が家にいて、余裕をもって子育てをするのが理想です。ほとんどの母親が勤めていて家を留守にしているので、子供たちが学校から帰る時間帯に事件が続出したことも最近の話です。自分の親も、友達の親もいないのです。そして、多くの家庭でおじいちゃん、おばあちゃんがいないのですから、まるで大人がいない状況になってしまっています。
しかし、収入がないことには生活が成り立ちませんし、主婦で仕事を両立させて働いている女性が多いのも確かです。家事も電化が進んだり、生活の仕方が変わって、昔のような労働をしなくても間に合うようになっています。結婚してもしかたなく主婦で仕事を続けるのではなく、両立させやすい仕事を探して働くことが現実になっていますし、全く家にいても、社会から切り離されたような気持になってしまうようです。昔のように家事に追い回されることもなく時間を持て余して、そこから不満を持っている主婦もいて、専業主婦と主婦 仕事を続けることがどちらがいいのか一概には言えません。
どちらにもメリットもデメリットもありますが、現代は結婚しても専業主婦でいることが難しくなっているのは事実です。したがって、家庭を持っていても働きやすい職場を探して仕事をするのがより現実的と言えます。幸いに、現代は多種多様な働き方ができるようになっています。ハローワークや求人サイトで、より、主婦でも働きやすい仕事を探して主婦 仕事を続けるのも可能になっています。

 

 

 

 

 

 

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー